ビタミンが健康に作用する理由

ビタミンをたくさんとることは、生命を維持する生理作用と、薬として働く薬理作用を同時に満たす。

ビタミンの働きには2通りの作用がある

あるビタミンが不足すると、その不足したビタミンの欠乏症があらわれます。そうした欠乏症にならないように、食品またはビタミン剤からビタミンを十分に摂取しなければなりません。ですから「ビタミンは健康によい」という以前に、ビタミンが不足すると健康を損なう、という側面があhリます。しかしビタミンが健康増進に役立つことも事実です。ある特定のビタミンを大量にとることによって、疲労回復に役立てたり、体力を増強したり、成人病予防の効果も期待できるためす。つまりビタミンの働きには、2通りの作用があるわけです。

食事だけではビタミンが不足する

まず不足すれば欠乏症になり、生命の維持に欠かせない基本的な働きです。これはビタミンの生理作用といわれるものです。一方、大量にのんで薬としての効果が期待される働きは、その薬理作用によるものです。ビタミンを大量にとることは、生命を維持する働きの生理作用と、薬として働く薬理作用という、ビタミンのもつ2つの作用を同時に満たしてくれます。バランスのとれた食事をしろといわれても、なかなか難しいものです。食事では不足しがちなビタミンを補ってくれるのがビタミン剤です。当然、食事でバランスのとれた食事をして足りない分をビタミン剤で補うのが正しいビタミン剤の使い方です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする