ビタミンは栄養素?

栄養素がエネルギーとなるには体のなかでさまざまな化学反応が行なわれるが、ビタミンはその化学反応の際に必須となる。

貴重な潤滑油として働く

ひと口に栄養素といっても、すべてが血や肉となる栄養素というわけではありません。三天栄毒素といわれる糖質(炭水化物)、タンパク質、脂肪などは、エネルギー源になったり血や肉となる栄養素ですが、ビタミンはそうではありません。工場で製品をつくるために機械を動かすとき、動力源と原料がそろっているだけでは製品は生産できません。機械を故障させずに動かす潤滑油がどうしても必要です。私たちの体のなかで、ビタミンはその潤滑油の働きをします。必要量はごく微量ですが、不足すると欠乏症があらわれるため、ビタミンは微量栄養素とも呼ばれているのです。
あまり遠くない昔には、ビタミンB1が欠乏すると、「脚気衝心」と呼ばれる心停止で死亡するケースがありました。しかし重症のB1 欠乏症も、いまはB1 の注射1本で、たちまち回復に向かいます。

ビタミンの種類は13種類

ビタミンのもうひとつの特徴は、人間の体のなかで必要な量をつくることができない物質だということです。それらが欠乏しないように摂取しなければなりません。各種のホルモンなど、ビタミン以外にも同様に大事な働きをしている物質は数多くありますが、それらの物質は体のなかで十分に合成されるため、ビタミンとは呼ばれないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする