ペットにも ビタミン は必要

ペットにも ビタミン は必要 ビタミンの知恵・知識
ペットにも ビタミン は必要

ペットにも ビタミン は必要 でしょうか という質問がここ最近急増しました。動物にもビタミンは必要です。動物は自分でつくれないいろいろな物質を植物につくってもらい、それを食べて生きています。

ビタミンは微量で生体の機能や代謝を円滑にする働きをもつ有機化合物です。体内で十分な量を合成できないため、食物より摂取する必要があります。また、ビタミンには動物の種類によって必要量が著しく異なるという特徴があります。

 

一部の動物は ビタミンC を体内でつくれない

ビタミンC 以外は、ほとんどの動物にビタミンは必要です。原始時代の動物は、いろんなビタミンを自分の体のなかでつくっていたといわれています。

進化の過程でその機能は失われていったのですが、なぜかビタミンCを合成する機能だけはほとんどの動物が残しています。したがってそれらの動物にとっては、 ビタミンC  はビタミンではないのです。
人間をはじめ、

  • サル
  • モルモット
  • ニジマス
  • コウモリ

など、ごく一部の動物は ビタミンC を自分の体ではつくれません。ところで実験動物のシロネズミは ビタミンC を自分の体内で合成できるのですが、l部の特殊なシロネズミは突然変異によって ビタミンC  をつくる酵素を失い、ビタミンC を合成できなくなったのです。

これは ビタミンC を研究する研究者にとって好都合です。ふつうのシロネズミでは、ビタミンC欠乏の研究には役立たないからです。

カルニチン は 虫のビタミン

カルニチンという穀物につく虫の成長に必要な物質があります。人に役に立たない物質ではありませんが欠乏症は起こらないのでビタミンと呼ぶわけにはいきません。

強いていえば「虫のビタミン」です。血液濃度が違ったり、ビタミンC が合成できる点など、人間とは少し相違点はありますが、動物にもビタミンは必要です。動物は自分でつくれないいろいろな物質を植物につくってもらってそれを食べ、あるいは仲間の動物を食べて生きているのです。

総合栄養食といわれるペットフードには必要量のビタミンが入っているので、今ではビタミン欠乏症はほとんどありません。 しかし、過剰症には注意が必要です。


犬 猫 ペット用 新ビタミンLPS入り入浴剤 (10包)すすぎ不要

商品の説明使用成分 炭酸水素Na、パントエア糖脂質LPS、デキストリン、グリチルリチン酸 容量 20g×10包 使用方法 ペット用バスタブ(約20L~)に一包(約20g)を入れ、よく混ぜてご使用ください。
沐浴、かけ流し等の場合は適量入れてください、すすぎ不要! 使用中や使用後、皮膚に異常が現れた場合ご使用を中止し医師にご相談ください。
原材料・成分炭酸水素Na、パントエア糖脂質LPS、デキストリン、グリチルリチン酸使用方法ペット用バスタブ(約20L~)に一包(約20g)を入れ、よく混ぜてご使用ください。
続きを見る 犬、猫などの動物ペット用の新ビタミン「LPS」入り入浴剤です。
内容量:20g×10包 毛や肌の汚れもスッキリです。

ビタミンの知恵・知識

コメント

タイトルとURLをコピーしました