レバーはビタミンの宝庫?

レバーは食べ物の形をした総合ビタミン剤。焼き鳥屋でレバーをー串か2串食べるだけで1日に必要なビタミンAは十分。

レパー1串でビタミンAは十分

レバーは、食べ物の形をした総合ビタミン剤といってもいいほどです。たとえば焼き鳥屋でレバーを1串か2串食べるだけで、1日に必要なビタミンAは十分。
またビタミンB1B2、B6、E、パントテン酸、ニコチン酸なども効率よく補ってくれるのです。レバニラ定食といえば、若い独身男性が好んで注文するメニューですが、これはビタミン補給の観点から見て理にかなっています。といって普通の人が毎日レバニラ炒めでは、すぐにあきてしまいます。そこで家庭では、
レバーペーストを使った料理をおすすめします。レバーペーストは、ビタミン含有量の点で、生のレバーそのものとほとんど変わりはありません。牛、豚のレバーペーストには、やや臭みが残っていて鼻につく人もいますが、とりレバーなら、よほどのレバー嫌いでないかぎり、そのままパンに塗って食べても臭みを感じません。

レバーペースト幅広い料理を

レバーペーストは、ビーフシチューやカレーに入れたり、グラタンのソースに混ぜたりと、幅広く料理に活用できるはずです。レバーを毛嫌いする人もいるようですが、どうか毛嫌いせず、レバーを使った料理でビタミンを補給してみてください。ただしレバーはビタミンの宝庫ですが、残念ながらビタミンCだけは含んでいません。しかしビタミンCは野菜や果物から手軽にとれるので、とくに問題はないでしょう。レバーペーストはこちら。

レバー

レバー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする