ビタミンB6を多く含む食品

たんぱく質を多く摂りすぎってしまった際に必要となるビタミンです。いわゆる食べ過ぎで胃がもたれてしまっているような時は基本的にこのビタミンB6が必要です。

生理作用

たんぱく質の成分であるアミノ酸の合成・分解に関連する酵素をB6は補酵素として助けます。B6不足になると、アミノ酸代謝異常が起き、B6欠乏食で育てた蚕などは繭を作れずに死滅します。
たんぱく質を摂ったら、B6も多く摂ることが必要です。焼き肉、しゃぶしゃぶ、ハンバーグ、ステーキなどを食べた際には忘れずにB6をしっかり摂るようにします。
脳の神経細胞と神経細胞の間で情報の受け渡しをしている物質を神経伝達物質といいますが、神経細胞の興奮を抑制するGABA(ギャバ)と呼ばれる神経伝達物質の合成にB6が欠かせない働きを担っています。

持続型ビタミンBミックス 30日分【栄養機能食品】
ビタミンB群は、糖分やたんぱく質などの栄養素を代謝するときに、酵素を助けて補酵素になる必須ビタミン。脂質や糖質をエネルギーに変えるのに欠かせないことから、ダイエットにおすすめです。またエネルギーがスムーズに作られることから、疲れにもアプローチできます。さらに、ハリやみずみずしさなどのコンディションを整えてくれる、美容面でも欠かせない栄養素です。
DHCの『ビタミンBミックス』は、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸のビタミンB群全8種類にイノシトールをプラスした総合サプリメントです。

薬理作用

女性が月経前に頭痛や腹痛、鬱っぽい症状などの不定愁訴に悩むPMSにB6の大量摂取が有効です。ピルの服用中の女性にも同様の効果が確認されています。

女性のためのビタミン対策(月経前症候群にビタミンB6)

1日の所要量

日本では特に定められてませんが、米国では成人男性2.0mg、女性1.6mgと定めています。

欠乏症

1915年、米国で高温殺菌により破壊された缶入りミルクを飲んでいた300人以上の赤ちゃんが痙攣発作を起こす事件が起きました。この痙攣は、B6欠乏におる中枢神経の異常な興奮によるもので、FDAの対応が早く、B6を与えたため、難を逃れました。

こうした特殊なケースを除けばB6だけの欠乏はあまり知られていません。サプリなどでもビタミンBとして発売されているものは多数ありますが、B6単独の商品というのはあまり見かけません。

しかし、B2欠乏やニコチン酸欠乏に合併して皮膚炎などを助長している可能性があります。摂取したB6が活性型のピリオドキサルリン酸に変わる際にB2が必要なため、B2欠乏は、B6欠乏を合併しやすくなります。
また、トリプトファンというアミノ酸からニコチン酸が合成される代謝にはB6が必要なため、B6欠乏は、ニコチン酸欠乏を助長する危険性もあります。

過剰症

1日1gを数週間~数ヶ月使用しても過剰症は認められません。安全を見積もって1日80~100mgまでは問題ありません。

ビタミンB6を多く含む食品

ピリドキシンは植物性食品に、ピリキサルとピリドキサミンは動物性食品に多く含まれます。菜食や肉食に偏った食事をしても不足の心配は不要です。

ビタミンB6 推奨摂取量(20mg)を1種類の食品で摂る場合

  • 牛レバー/1切れ(225g)
  • 牛乳/4リットル(4000cc)
  • さんま/5尾(351g)
  • ほうれんそう/5束(1250g)

ビタミンB6についてのメモ

B6は、ピリドキン、ピリドキサル、ピリドキサミンとこれらにリン酸が結合した6種類の物質の総称です。このうち体内で働く活性型B6は「ピリドキサルリン酸」です。

ビタミンB6

ビタミンB6

ビタミン 関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] こってくる。ヒトでの欠乏症としては皮膚炎、口内炎、口唇炎、舌炎、神経炎、湿疹、貧血などが起こる。特にアレルギーの体質、大酒家では欠乏し易い。 ビタミンB6が多く含まれる食品 […]

  2. […] 豚肉や魚にあるビタミンB6です。過激なダイエットのため、特定の食品を遠ざけると、精神のバランスも失ってしまう結果になりかねません。 ビタミンB6を多く含む食品 | ビタミン Q & A […]