ビタミン 依存症とは

ビタミン 依存症とは どんなものでしょうか? ビタミン依存症 の子どもは、できれば乳児のときに発見して、欠乏したビタミンを大量にとらせないと成長が大幅に遅れてしまいます。一般的にはビタミン 依存症は水溶性ビタミンで依存症が生じやすくなります。
原因は、遺伝的に、ビタミンを補酵素とする酵素、あるいはその酵素作用に影響をもつ代謝系の酵素の欠損または活性低下のためと考えられています。臨床症状の現れ方は多種多様です。

ビタミン 依存症になる理由

極めて稀な病気ですが、生まれつき、あるビタミンが体のなかでうまく利用できないため、一生、そのビタミンを大量にのみ続けなければならない子どもがいます。それがビタミン依存症です。

そういう子どもは、できれば乳児のときに発見して、欠乏したビタミンを大量にとらせないと、成長が大幅に遅れてしまいます。

依存症になるのは

などです。

ビタミン依存症になる理由です。ビタミンは酵素の前段階の物質であるアポ酵素と結合して酵素となります。そこで補酵素と呼ばれているわけですが、わかりやすくいえば、ビタミンは酵素の部品の原材料。

所要量の 10 ~ 100 倍のビタミンを大l投与

ところがビタミン依存症の子どもは、アポ酵素の構造に欠陥があって、補酵素であるビタミンとスムーズに結合できないのです。そのため食べ物やビタミン剤でビタミンをとっても、酵素をつくることができません。

したがって普通にビタミンをとっているのに欠乏症が起こります。
そこで所要量の 10 ~ 100 倍のビタミンを大量投与してやると、効率は悪くても何とかアポ酵素と結合して酵素がつくられます。

こうした依存症は、「けいれんが起こる」「どうも普通の子よりも発育が遅い」ということから、5、6歳のころまでに医師あるいは母親に発見されることが多いようです。

ビタミンD 依存症 のケース

ビタミンD 依存症 は遺伝性のビタミンD 抵抗性くる病(骨軟化症)をきたす疾患で,通常生後数カ月でくる病,低カルシウム血症性テタニーにより発症します。

ビタミンD1α位水酸化酵素の不活性型変異によりビタミンD活性化が障害されるI型とビタミンD受容体の不活性型変異によりビタミンDの作用が障害されるII型があり,Ⅰ型は生理量の活性型ビタミンDで治療可能ですが、Ⅱ型は超薬理量の活性型ビタミンDによる治療を要します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする