もやしにはビタミンが少ない

モヤシ、ナス、キュウリはビタミンの供給源としては頼りない。まだキャベツのほうがビタミンは豊富。

モヤシでは力はつかない

モヤシは栄養たっぶりの食品だと錯覚し、ニンニクを混ぜたモヤシ炒めを食べ、すっかりスタミナがついた気分の人がいます。ところがスーパーで売られている細いモヤシには、ビタミンCはおろか、ほかのビタミンもあまり含まれていないのです。
いま、みんなが好んで食べるモヤシの原料は、大豆ではなく緑豆。大豆モヤシと違って頭が小粒です。この緑豆モヤシ100グラム中のビタミンを食品成分表で見ると、次のようになっています。
カロチン9マイクログラム、B1 がo.o8ミリグラム、B2、0.09ミリグラム、ニコチン酸0.5 ミリグラム、Cが16ミリグラム。一方、大豆モヤシのほうは、力ロチン0。B1 0.13 ミリグラム、B2が0.1ミリグラム、ニコチン酸0.6 ミリグラム、Cが8ミリグラム。

ナスやキュウリからビタミンはとれない

これをニンジンやピーマンなどよりビタミン含有量がはるかに少ないキャベツと比較してみます。Bl、B2 が各0.05 ミリグラム、ニコチン酸0.2ミリグラムと、ビタミンB群でこそモヤシと差がありませんが、力ロチンはマイクログラム、Cが44ミリグラムと、モヤシより豊富に含まれているのです。モヤシと同様、ビタミン豊富といえないのが、夏の食卓を飾るナスやキュウリです。ナスやキュウリの一夜漬けは、夏に食欲をそそる食べ物ですが、モヤシやナスやキュウリはビタミンの供給源としては優等生とはいえません。

庶民の味方「もやし」は血圧を下げ脳機能を整えるギャバが多く含まれる

もやし

もやし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする