ビタミンDが多く含まれる食品

特徴

名称

  • ビタミンD
  • ビタミンD2
  • ビタミンD3

所要量(1日)

  • 成人/100IU(国際単位)

食品の性質

  • 熱や酸にやや安定

生理作用

  • 紫外線にあたると皮膚で合成され、主に肝臓に貯えられる。
  • 骨の発育( 骨、歯にリン酸カルシウムの沈着を促進)
  • 血液中のリンの量を一定に保つ
  • カルシウム、リンの吸収をよくする

欠乏症

  • 骨や歯の石灰化が遅れ、骨、歯が弱くなる
  • 小児ではクル病、成人では骨軟化症
  • むし歯
  • 筋肉がたるむ

含まれる食品

  • 肝油、肝臓、イワシ、シラス干し、カツオ、マグロ、強化マーガリン

その他の注意

  • 日光にあたることの少ない人や魚肉の嫌いな人に不足しやすい
  • 日光の弱い地域では日光にあたって体内でのビタミンD合成を補うことが必要(とくに冬)

現代社会特有の「都市型の日光不足」が増加

鉄筋ビルの会社や学校に1日の大半を過ごす人が多くなってきました。住宅も大型マンション、高層ビル建築になりつつあります。商店街も地下街が各地に増えています。
鉄筋コンクリートに包まれたこれらの住居や、仕事場、勉強の場、買物や娯楽の場は一方では極めて不健康で、多くの病気を誘発する原因になっています。大阪の地下街に働いている人のアンケートを行った結果は、

  1. 目が疲れる、眼が痛い(27.5%)
  2. たちくらみ、目まい、光がまぶしい、涙が出る(18%)
  3. 視力低下(14%)
  4. 風邪をひきやすい(29%)
  5. イライラする(17%)

1~3は眼の異常です。これらのほか、日にあたらないと骨も弱くなり、歯も悪くなり、体力も低下します。その原因、理由は、

  • 地上では曇の日でも照度が10万ルクスもあるのに、地下では200~400ルクスしかなく、紫外線は殆んどない。
  • 穴倉にいることからくる精神的圧迫感。
  • 地下通路のラッシュ時の足音、話し声、雑音は70~80ホンもある。
  • 粉じんがある。

などです。
これらの不健康の原因に対する予防策としては、

  • 日光浴をする
  • 休憩時間をできるだけたくさんとる
  • 健康診断で細かい検査も実施する

ビタミDの食品含有量

含有量:食品可食部100g当たりの国際単位(IU)

  • カツオ塩辛/1700
  • ホンマグロ/1380
  • カツオ油漬缶詰/600
  • ナマリ節/530
  • イワシ缶詰/500
  • 塩鯖/485
  • 薩摩揚げ/458
  • カツオ節/430
  • カツオ(生)/420
  • イワシ水煮缶/400
  • カツオフレーク味付け缶詰/400
  • 鮭/350
  • 鯖(生)/330
  • スズキ生魚/280
  • シラス干し/200
  • 鯖(水煮缶)/190
  • メジマグロ/190
  • 小エビ/150
  • ムツ(生)/140
  • サンマみろん干し/120
  • 田作り/90

皮膚が太陽光(紫外線)を浴びることでつくられるビタミンD。一般的に「太陽のビタミン」と呼ばれ、カルシウムの吸着をサポートするビタミンとして知られていますが、近年ではさまざまな健康リスクを遠ざける成分として注目を集めています。

一般的にビタミンDはビタミンD2とビタミンD3に大別できますが、DHCではより活性の高いビタミンD3を手軽なサプリメントにしました。食物から摂りにくく、太陽光を浴びない現代人に不足しがちなビタミンD3を、1日目安あたり25μg(1000IU)配合。日中のほとんどを室内で過ごしたり、美白のために紫外線を避けている方、冬になるとひきやすい方、加齢によりビタミンD3産生量が低下している方などにおすすめです。
※IU(国際単位:International Unit)とは、薬理学で用いられる、生体に対する効力を表す単位のこと。ビタミンA、D、Eなどの脂溶性ビタミンに対して用いられます。

ビタミンD3 30日分
皮膚が太陽光(紫外線)を浴びることでつくられるビタミンD。一般的に「太陽のビタミン」と呼ばれ、カルシウムの吸着をサポートするビタミンとして知られていますが、近年ではさまざまな健康リスクを遠ざける成分として注目を集めています。

一般的にビタミンDはビタミンD2とビタミンD3に大別できますが、DHCではより活性の高いビタミンD3を手軽なサプリメントにしました。食物から摂りにくく、太陽光を浴びない現代人に不足しがちなビタミンD3を、1日目安あたり25μg(1,000IU*)配合。日中のほとんどを室内で過ごしたり、美白のために紫外線を避けている方、冬になるとひきやすい方、加齢によりビタミンD3産生量が低下している方などにおすすめです。

ビタミンD

ビタミンD

ビタミン 関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] りましょう。カルシウムとマグネシウムは2:1が理想のバランスの摂取量です。さらに、吸収率を高めるにはビタミンDを一緒に摂るとよいです。ビタミンDが多く含まれる食品はこちら。 […]

  2. […] タミンDも十分にとっておくことが大切です。ビタミンDは主としてサケ、ニシンなど北の海の魚や日光乾燥のシイタケ、キクラゲに多く含まれます。 ビタミンDを多く含む食品はこちら。 […]

  3. […] ビタミンDが多く含まれる食品 | ビタミン Q & A […]

  4. […] もつくられていますが、人体ではビタミンDが肝臓で活性化され、活性ビタミンDに変化します。したがって、ビタミンDの多い食品を十分とればいいのです。 ビタミンDが多く含まれる食品 […]

  5. […] タミンDも十分にとっておくことが大切です。ビタミンDは主としてサケ、ニシンなど北の海の魚や日光乾燥のシイタケ、キクラゲに多く含まれます。 ビタミンDを多く含む食品はこちら。 […]