野菜ジュースのビタミン

トマトジュースや冷凍野菜のほうが、ずっと多くのビタミンが含まれている。生のトマトやハウス野菜よりずっと多く含まれている。

ビタミン含有量ではトマトジュース

生のトマトと缶詰のトマトジュースとでは、ビタミン含有量はどちらに軍配が上がるでしょうか。「生のトマト」と答える人も多いかと思います。しかし、秋から春にかけてビ二- ルハウスで過保護に栽培されるトマトは、太陽の恵みをあまり受けず、夏の出盛りのトマトに比べてビタミンC含有量は5分の1以下に落ちているといいます。

一方、トマトジュースは、夏の完熟トマトを新鮮なうちに加工してつくられるといわれます。つまりトマトジュースには、ほぼ食品成分表どおり、100グラム中に17ミリグラムのビタミンCが含まれていると考えていい理屈です。

冷凍野菜のほうがビタミンは多い

このことはトマトだけでなく、ミカン、リンゴ、パインなどの果物にもいえそうです。季節はずれの果物よりも、果汁100% の缶詰ジュースのほうが、ビタミンCが保たれていると考えられます。缶詰ではありませんが、アスパラ、トウモロコシなどの冷凍野菜にも同じことがいえます。
冷凍野菜は、ブランチングといって蒸気を当て、固ゆでの状態にしてから冷凍されます。この処理によってビタミンCは10~25% 失われますが、一度冷凍してしまえば酸化酵素が働かなくなるため、それ以後はほとんど目減りすることはありません。冷凍野菜のほうが、ハウス野菜よりもずっと多くビタミソが含まれているといっていいでしょう。

野菜ジュース

野菜ジュース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする