ビタミンが健康に作用する理由

ビタミンが健康に作用する理由 ビタミンの知恵・知識
ビタミンが健康に作用する理由

ビタミンが健康に作用する理由 を紹介します。ビタミンをたくさんとることは、生命を維持する生理作用と、薬として働く薬理作用を同時に満たす働きがあります。

ビタミンの働きには 2 通りの作用がある

あるビタミンが不足すると、その不足したビタミンの欠乏症があらわれます。そうした欠乏症にならないように、食品またはビタミン剤からビタミンを十分に摂取しなければなりません。

ですから「ビタミンは健康によい」という以前に、ビタミンが不足すると健康を損なう、という側面があリます。

しかしビタミンが健康増進に役立つことも事実です。ある特定のビタミンを大量にとることによって、疲労回復に役立てたり、体力を増強したり、成人病予防の効果も期待できるためす。つまりビタミンの働きには、2通りの作用があるわけです。

ビタミンの生理作用とは、健康な状態の時に、そのビタミンが体内で果たしている作用(役割)のことです。

たとえば ビタミンA の生理作用は、体内でビタミンAの生理作用(抗夜盲症作用)を示す物
質を総称する一般名です。天然にはレチノール(A1)、および3-デヒドロレチノール(A2)とそれらの誘導体が存在し、レチノイドと呼ばれています。
βカロテンは、小腸のオキシゲナーゼにより2分子のレチナールに変換されるため、プロビタミンに分類されます。

この薬理作用については、生活習慣病の予防などで注目されているのは、一部のビタミンにある「抗酸化作用」といわれているものです。

1 日に飲む ビタミン の量 所要量 飽和量 常用量

食事だけではビタミンが不足する

まず不足すれば欠乏症になり、生命の維持に欠かせない基本的な働きです。これはビタミンの生理作用といわれるものです。

一方、大量に飲んで薬としての効果が期待される働きは、その薬理作用によるものです。ビタミンを大量にとることは、生命を維持する働きの生理作用と、薬として働く薬理作用という、ビタミンのもつ2つの作用を同時に満たしてくれます。

バランスのとれた食事をしろといわれても、なかなか難しいものです。食事では不足しがちなビタミンを補ってくれるのがビタミン剤です。当然、食事でバランスのとれた食事をして足りない分をビタミン剤で補うのが正しいビタミン剤の使い方です。

また、最近は野菜、果物の栄養価が低下しています。1960年頃の野菜の栄養価と、2010年頃の栄養価を比べてみると、現在の野菜は昔の野菜に比べたらビタミンやミネラルなどの栄養価が半分くらいになってしまっています。これは大きな問題です。

原因として考えられているのは、化学肥料の大量、長期施肥によって土壌がやせ細ってきていることです。
農薬散布も関係しているのかもしれません。さらに、日本の素晴らしい四季、自然に逆らったビニールハウス栽培も大きく栄養価を下げてしまっていることは確かです。日光に当たらなくても野菜や果物が育ってしまうのです。形は良いが栄養価は全く無いに等しくなってなってしまいました。また、消費者も泥がついたものを敬遠してしまうので栄養価の低い野菜や果物が流通し、ビタミンも減少しているというわけです。

ビタミンの知恵・知識

コメント

タイトルとURLをコピーしました