睡眠不足時に必要なビタミン

十分に睡眠をとる余裕がないときは、神経の働きを活発にするピタミンB1をのむようにします。また、B1の働きをよくするためにB6とB12を同時にのむようにするのがポイントです。

睡眠が足りないままだと、頭が考えず、疲労感も増します。当然、集中して勉強や仕事をすることができません。十分に睡眠をとる余裕がないときは、神経の働きを活発にするビタミンB1をのめば、多少は効果が期待できます。
また徹夜をすると、B1を消費して血中のBl濃度が減少することがわかっています。睡眠不足のときにB1をのむのは、B1の血中濃度を回復する意味あいもあります。B1の働きをよくするために、B6とB12も同時にのんでおきます。

ビタミンB群を摂取しても眠れない場合は、こちらの眠れない夜のためのホットドリンクなどを試してみるといいでしょう。就寝前に興奮するようなTVで映画を見たり、パソコンやスマホを使ってネットでずっと目を酷使するような生活習慣もあらためなければ安眠できないでしょう。
就寝前2時間くらい前に入浴(ぬるめ)するのもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント