睡眠不足 ビタミン 睡眠不足時には ビタミンB1 が効く

睡眠不足 ビタミンの知恵・知識
睡眠不足

睡眠不足 ビタミン 睡眠不足時には ビタミンB1 が効く のはどのような効果があるのでしょうか。十分に睡眠をとる余裕がないときは、神経の働きを活発にする ビタミンB1 を積極的に摂取するように心がけます。

就寝前の ビタミンB1 摂取の効果は、疲労回復や筋肉増強、睡眠の質の向上という効果があります。 ビタミンB1 は糖質の代謝、ビタミンB2 は脂質の代謝を促進することで、体にエネルギーを与える働きを持っています。 そのため、寝る前に摂ると、睡眠中に体内でエネルギーが生み出されるので、疲労回復に繋がるのです。

5 人に 1 人が不眠に悩まされる時代です。生活はどんどん夜型になり、太陽の動きと合わせて生活することが困難になりつつあります。自律神経が乱れ不眠になります。小学生も塾通いなどで夜型生活を強いられています。

寝不足になると日中に眠くなるだけでなく、頭がぼーっとしたり、疲れを感じたりします。 また、睡眠不足によって脳が酸欠状態を解消できずに頭痛がしたり、体の機能が低下することで吐き気やめまいが起こったりとさまざまな症状が起こります。

また、 ビタミンB1 の働きをよくするために B6 と B12 を同時にのむようにするのが大切なポイントです。

睡眠が足りないままだと、頭が考えず、疲労感も増します。当然、集中して勉強や仕事をすることができません。十分に睡眠をとる余裕がないときは、神経の働きを活発にする ビタミンB1 を摂取すれば、多少は効果が期待できます。

また徹夜をすると、 ビタミンB1 を消費して血中の ビタミンB1 濃度が減少することがわかっています。睡眠不足のときに ビタミンB1  をのむのは、 ビタミンB1 の血中濃度を回復する意味あいもあります。 ビタミンB1 の働きをよくするために、B6 とB12も同時にのんでおきます。

ビタミンB群を摂取しても眠れない場合は、こちらの眠れない夜のためのホットドリンクなどを試してみるといいでしょう。

就寝前に興奮するようなTVで映画を見たり、パソコンやスマホを使ってネットでずっと目を酷使するような生活習慣もあらためなければ安眠できないでしょう。興奮して目が目が冴えているときは前頭部が緊張している状態です。後頭部をマッサージして頭の後ろに意識を向け、前頭部を休めて。さらに肝臓や胆のうに不調があるとイライラして目が冴える原因に。体側を伸ばすことでそれらに関連の深い経絡(肝・胆経)を刺激し、興奮を抑えましょう。

就寝前2時間くらい前に入浴(ぬるめ)するのもおすすめです。リラックスできてさらに体温が下がる時をきっかけに安眠できます。
リラックスできずに眠れないなどのときは、睡眠薬は体にあまりよくないので、セロトアルファ などのサプリ がおすすめです。

寝不足になると日中に眠くなるだけでなく、頭がぼーっとしたり、疲れを感じたりします。 また、睡眠不足によって脳が酸欠状態を解消できずに頭痛がしたり、体の機能が低下することで吐き気やめまいが起こったりとさまざまな症状が起こります。

お腹がいっぱいとのきは、快眠できない! にあるように満腹だとビタミンB1 を摂っても効果はありません。就寝前3時間前は空腹にするのが安眠のポイントです。仕事で帰りが遅い習慣の方はこちら

睡眠不足を防ぐためのビタミンは ビタミンB1 です。

睡眠不足に必要な ビタミンB1

睡眠不足に必要な ビタミンB1

コメント

  1. […] 睡眠不足時に必要なビタミン […]

タイトルとURLをコピーしました