ビタミンB1とB2の違い

B1とB2は兄弟のように見えるが兄弟ではない。脂溶性のビタミンAと区別するためにビタミンBと命名されただけ。

脚気はB1不足、口内炎はB2不足

ビタミンB1B2はその欠乏症も異なります。ビタミンB1の欠乏症は脚気ですが、B2の場合は、口内炎や口角炎となってあらわれるアリボフラボーノーシスという病気、といった具合です。

では、どうしてBl、B2というまぎらわしい名称がつけられたのでしょうか?
ビタミンBは水溶性だったため、脂溶性のビタミンAと区別するためにビタミンBと命名されたのです。ビタミンBにはいろんな成分が混じっていたのですが、分析技術が未熟だったため、細かく分けられなかったのです。

よく調べてみると、ビタミンBには、B1とは異なり、熱を加えても壊れにくい物質があることがわかり、それがB2と名づけられました。その後さらにいくつもの物質が含まれていることが発見され、あっという間にB1からB12までに分かれてしまいました。

しかしなかには微量栄養素とはいえない物質や、新しい物質ではないものがあることがわかり、別の名前で呼ばれるようになったり、「失格者」としてビタミンという名を取り消されたものもあります。
現在、ビタミンB群は、3とか4などが抜け、Bl、B2、B6、B12、それにニコチン酸、パントテン酸、ビオチンン、葉酸などが発見されています。

 ビタミンB1とB2の違い

ビタミンB1とB2の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする