ビタミンを活用してダイエットはできる?

ダイエットでは摂取カロリーを抑えるために食事圭を制限するから、ビタミンの量も少なくなり、ビタミン不足になりやすい。

ダイエットによりビタミン不足を招く

必要なビタミンをすべて食品からとろうとすれば、食事の量が増え、カロリーオーバーとなって、ダイエットどころではなくなります。
ビタミンだけが豊富に含まれていて、しかも糖質(炭水化物)、脂肪などのカロリー源がゼロという食品でもあれば好都合ですが、残念ながらそういった食品はありません。
ダイエットでは、摂取カロリーを抑えるために食事量を制限しますから、食事からとるビタミンの量も少なくなり、ビタミン不足になりやすいのです。とくにビタミンA、Eなどの脂溶性のビタミンが不足します。脂溶性ビタミンは乳製品や食肉に多く含まれ、ダイエットでは高カロリーの食品を避ける傾向にあるからです。

ビタミン剤の利用がおすすめ

ですから「ダイエットにはビタミン剤が役立つ」というよりも、「ダイエットをする人にはビタミン剤が必要」というほうが安当です。
糖尿病で食事療法をしている人にも、同じことがいえます。糖尿病の食事療法はカロリー制限が原則なので、食事だけではビタミンが不足するためです。そのほか糖尿病では、ビタミンB群の利用障害が起こることも知られています。肥満解消のため食事制限している人も同様です。若さと美しさを強調するため、ダイエットに挑戦するのは結構ですが、どうかビタミン不足にならないように、ビタミン剤を活用するといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする