ビタミンCはガン予防になるのか

ビタミンCの抗酸化作用によって、ガン化しやすい上皮細胞が酸化されない、というのが研究者たちの見解となっている。

ビタミンで病気予防

最近ではビタミンを大量に摂取することで、ビタミン欠乏症以外の病気を予防したり、治したりする考えが普及しています。そのきっかけをつくったのがアメリカのポーリング博士(タンパク質と抗体の研究でノーベル化学賞、反核平和運動でノーベル平和賞を受賞した世界的な学者)。
ポーリング博士が1970年に「ビタミンCを毎日グラム単位で摂取すれば風邪は予防できる」と提唱して以来、ビタミンC のもっ薬理効果が注目されるようになりました。これには皆びっくりしました。ビタミンC の1日所要量は撃こリグラム。ポーリング博士は、何と所要量の20~40倍もの量をとるようにすすめていたのです。
ビタミンC1グラムは錠剤ならかなりの量になりますが、最近よく出回っている粉末状のビタミンCなら、それほど多量ではありません。

ガンになる確率は4分の1に減少

さらにポーリング博士は
「ビタミンCを1日に100~200ミリグラムとった人は、成人の必要量とされている50ミリグラムしかとらなかった人に比べ、ガンになる確率は4分の1に減少するだろう」と提唱しました。
ビタミンCのガン予防効果については否定的な見解をもっ人がいます。しかし賛成者はビタミンCのもつ抗酸化作用によって、ガン化しやすい上皮細胞が酸化されず正常に保たれるからだろう、と考えています。
ガンにはビタミンCが豊富なブロッコリーがよいでしょう。

ビタミンCはガン予防になるのか

ビタミンCはガン予防になるのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする