時差ぼけを治すビタミン12

時差ボケ ビタミンの知恵・知識
時差ボケ

時差ぼけを治す ビタミンB12 は体内時計の周期の修正に役立ちます。ストレス解消に効果が大きい ビタミンC をたくさん摂取しておくのがポイントです。こうしたビタミンを中心した時差ボケ対策以外にもうひとつふたつ時差ボケ対策を行うとより効果的です。

時差ぼけとは? 海外旅行の際に、現地到着後、あるいは帰国後に、体の不調(夜眠れない、日中ぼんやりするなど)を訴えることがあります。 人間の体内の器官は規則正しいリズムで働いており、このリズムが時差により乱され、体調に変化をもたらしたのが時差ぼけです。 通常4~5時間以上の時差があれば、症状が出てくるようです。

国際線のパイロットやスチュワーデスがヨーロッパでステイするとき、テニスで汗を流すことが多いのはテニスのような運動をすると、時差ボケが解消するからです。

人体のリズムは、1日の周期が長くなる方には順応しやすいようですが、短くなると順応しづらい傾向にあるため、西方面よりも東方面への渡航の方が時差ぼけ症状としては、つらいようです。 多少の個人差はありますが、時差ぼけの主な症状として、不眠や眠気、疲労感、頭重感、食欲不振、イライラ感などがあります。

時差ぼけを治すビタミン

時差ぼけを治すビタミン

この国際線のパイロットのようにスポーツで時差ボケの解消をはかるのなら、そのときは ビタミンB1 を少し多めにのんでおけばいいと思います。

しかし普通の人は、時差ボケ解消のためにスポーツする時間があるわけではありません。そこで出発前に、時差ボケを早くなくす効果のある ビタミンB12 をのんでおきます。

人間も含めて、動物には体内時計があって、睡眠リズムはこの体内時計に従っているといいます。体内時計の周期は実際の生活時計の24時間ではなく、やや長めに設定されています。

しかし周囲の刺激によって体内時計の周期も24時間に修正され、私たちは何の不都合もなく生活できるわけです。
体内時計と生活習慣についてはこちら

ビタミンB12 は、こうした体内時計の周期の修正に役立つビタミンだといわれています。海外旅行では、言葉が不自由な外周へ行くことと長旅のため、ストレスがたまりがちです。そこでストレス解消に効果の大きいビタミンCをたくさん摂取しておくことが大切です。

ビタミンC の必要量は、その人の生活強度によって差があります。普段の倍量が必要量だと考えてください。

時差ボケでの食事対策は出発日の夕食からはじめようまず、いつ食べるかですが、出発日の夕食から調整します。 事前にスマホアプリなどで現地時間を調べ、なるべく現地の夕食に近い時間帯に食べましょう。 もし、機内食が出国地の時間に合ったものだったとしたらパスします。

時差ボケが起きやすい体質というのがありますのでビタミンだけでなく食事も注意します。

時差ぼけを治すビタミン12

時差ぼけを治すビタミン12

コメント

  1. […] ビタミンを活用して時差ボケを治す方法もあります。 […]

  2. […] 爽快な目覚めを迎えるために今日から実践したい7つのことなども一緒に実践するとより効果的です。時差ぼけを治すビタミンB12 […]

タイトルとURLをコピーしました