ビタミン剤は食後でよい?

ビタミンA、D、Eは食事に含まれている脂肪分によりて吸収されやすくなるので食後にのむと非常に効果的。

便秘の人はビタミンCをたっぷり

ビタミン剤は、消化器が活発に働いている食後にのんだほうが、よく吸収されます。ビタミンA、D、E の脂溶性ビタミンは、食事に含まれている脂肪分によって吸収されやすくなるので、食後にのむと非常に効果的です。したがってお茶漬けさらさらのような食事では、脂溶性ビタミンはよく吸収されません。
牛乳は脂肪分が多いので大丈夫です。ビタミンCも食後にのむのがべ夕- です。人によっては、ビタミンCを大量にのむと下痢気味になります。しかしその性質を逆手にとって、便秘の人はビタミンCを大量に食前に服用するといいかもしれません。

ビタミンCは1日3回に分けて飲むのがベスト

体に入ったビタミンは、それぞれ有効に活用される粋が定まっています。したがってその枠を超えて服用しても、余分なものは排泄されるだけです。とくに水溶性ビタミンは、一度に多量に入ると血液から尿へすぐに排泄されてしまいます。そこでビタミンB群、Cなどの水溶性ビタミンは、朝、昼、夕食後に分けてのむと、体に適量ずつ供給され、効果的です。
たとえばビタミンCの場合、1グラムを1日3回に分けてのめば、一度に2グラムのむ効果に匹敵するといわれるほどです。ビタミンB1はアルカリに弱いため、重曹の入った胃腸薬と一緒にのまないようにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする