ビタミンは毎日飲んでもいい?

過剰症が心配な脂溶性のビタミンも、食事から摂取するのであれば多めにとるほうが望ましい。

ビタミンAは過剰摂取に注意

危ないかどうかは、ビタミンの種類によって違います。同じ脂溶性のビタミンでも、Eはとりすぎても大丈夫だからです。しかしビタミンAは、とりすぎると肝臓に蓄積され過剰症を起こします。
ここでは脂溶性ビタミンのとり方の注意点を説明します。脂溶性のビタミンの場合、所要量を少しでも超えるとすぐに過剰症が起こるわけではなく、所要量と過剰症を起こす量の間にはかなり開きがあります。たとえばビタミンAでは、成人の所要量は2000単位とされていますが、10万単位以上を長期間とり続けなければ過剰症にはなりません。これは鳥のレバーを200~400グラム毎日食べ続けることになるのでめったに起こりません。しかし薬では簡単にとれてしまうので、注意が必要です。

ビタミンDの過剰症は回復が困難になる

ビタミンAの過剰症の場合は、気がついて服用を中止すれば症状は消え、あとに障害が残ることはありません。しかしビタミンDの過剰症は、食物が原因で起こることは通常はないものの、いったん起こると腎臓などの障害が回復せず、文字どおり取り返しのつかない事態が起こります。しかしこうした過剰症が心配な脂溶性のビタミンも、食品からとるのであるかぎり、少し多めにとるほうが望ましいといえます。またすでに述べたように、水溶性ビタミンの場合は、尿のなかに速やかに排泄されるので心配はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする